ウイルスが流行 | 対策に必要不可欠な情報|周りに共有していくことの重要性

ウイルスが流行

ノロウイルスとはなにか

毎年冬になるとノロウイルスが流行りだすのです。 ノロウイルスは幼児から高齢者など幅広い人ににかかる、急性胃腸炎を引き起こすウイルスなのです。特に11月から3月に多く発症しますが、年間を通して患者はみられるのです。 潜伏期間は1日〜2日になり、その症状は嘔吐、吐き気、下痢、腹痛、微熱などがあるのです。 感染経路は口から入る経口感染です。 調理方法が適正でない食品を食べたり、汚染した手で食品を食べたりすることで感染することがあるのです。 子供の場合は汚染したおもちゃから感染することもあるのです。症状がでてからは症状は通常3日程度で改善されるでしょう。 しかし免疫力の低下した老人や乳幼児の場合は長引くこともあるのです。

消毒することが予防になる

もしノロウイルスかかってしまったら、脱水症状にならないようにするために水分をこまめにとるようにしましょう。 老人や乳幼児の場合は体力が落ちないように、水分と栄養補給は十分におこなうべきです。 ノロウイルスの治療方法ですが、ウイルスに効果のある治療薬は存在しないのです。脱水症状がひどい場合などは点滴をすることになるでしょう。 ノロウイルスの予防策で大事なのは消毒です。 食事を作る人は特に消毒することに気をつける必要があるのです。 調理や食事の前にはしっかり手洗いをして消毒しておくのです。 調理器具も洗浄して消毒をしておくことが大切です。 貝類を調理する時には、しっかり中まで加熱するようにしましょう。 野菜や果物は十分に洗浄しておく必要があるのです。 もしノロウイルスに感染している人と接する場合は、糞便や嘔吐物の処理は適切に行い感染を広げないことが大切です。