手形割引を知る | 対策に必要不可欠な情報|周りに共有していくことの重要性

手形割引を知る

手形割引の特徴と留意点

会社間の商取引に手形はよく利用されますが、ここでいう手形とは約束手形です。 約束手形とは、手形の振出人(発行者)が、受取人に対して一定の期日に一定の金額を支払うことを約するものです。 通常、手形の受取人は期日を迎える(満期)手形を銀行に呈示して現金化を行うのですが、会社の資金繰り上、すぐに現金化が必要な場合は期日前に銀行に手形を呈示して一定の手数料(手形割引料)が差し引かれた後の代金を受け取ることができます。これを手形割引といいます。 気をつけないといけないことは、手形発行人がその支払期日に手形代金を決済できなかった場合(手形の不渡り)、すでに行った手形割引分を買い戻す必要があります。 従って手形割引を行う場合は、発行人の経営状態や財務状況を日頃からチェックしておくことが必要です。

金融の仕組みの一つである手形割引

手形割引とは、既に受け取っている約束手形を金融機関に持ち込んで現金化することをいいます。現金化する場合には、利息に相当する分が控除され残額を現金でもらう形になります。この控除される分は、金融機関によってかなり幅があります。 この手形割引よって金融機関に渡った手形がもし決済されなかった場合はどうなるのかというと、持ちこんだ会社が買い戻すことになっています。そのため、手形割引をして会社の手元から手形がなくなっても、手形が無事決済されるまでは責任は残るということです。 手形割引は有効な金融手法の一つですが、手形に関しては電子手形の拡大が始まりつつあります。将来的にはこの電子手形が取引のメインになるかもしれません。